トラクターについて

クボタのトラクターの買取価格の目安は?

今回はクボタのトラクターの買取価格の目安はどのくらいなのかの解説です。

 

クボタのトラクターは国内トップシェアのメーカーですが、中古トラクターでも持っている方も多いと思います。

 

しかし実際にクボタのトラクターは中古でどのくらいの価格なのかということは知らない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はクボタのトラクターの買取価格の目安をそれぞれのポイントで解説しているのでご覧ください。

 

トラクターの買取価格って何で決まるの?

トラクターの買取価格は主に以下のポイントで決まります。

 

  • 馬力
  • 年式
  • 使用時間

 

まず馬力は強いものほど高く売れ、弱い馬力のものほど低価格なのが特徴です。

 

また年式は新しいものや人気のあるものほど価格が高く、使用時間が少ないものほど高値で買取される傾向にあります。

 

それぞれトラクタ-を売る際には欠かせないポイントなので、自身がトラクターを売る際にはしっかりと確認しておきましょう。

 

では次の見出しからはクボタのトラクターをこれらのポイントを交えて解説していくのでご覧ください。

 

馬力で比較するクボタのトラクターの買取価格の目安

トラクターの買取価格は馬力で決まり、新品では1馬力10万円、中古では3万円が目安です。

 

そこでここでは新品と中古のトラクターを馬力ごとに出しているのでご覧ください。

 

20馬力以下の目安

 

ここでは新車のJB11Xが1,030,700円、中古ではGB14 が575,000円と、2倍程度の差が出ていることが分かります。

 

また現在売りに出されている20馬力以下の最低価格は1,030,700円です。

 

中古で売る場合、中古価格の目安である60万円に近ければ高価買取だと言えるでしょう。

 

40~50馬力の目安

次に中古では50馬力でも189万円の金額で売られており、新品では45馬力のものでも528万円という金額になっています。

 

また売られている40~50馬力帯の目安である150万円に近づくほど高価買取であるといえるでしょう。 

60~70馬力の目安

 

中古価格では65馬力のものが356万円で販売されており、新品では847万円で売られています。

 

70馬力の中古でも目安は210万円なので、この程度の金額であれば高価買取をしてもらえたという事になるでしょう。

 

80~100馬力の目安

続いてクボタの80~100馬力の価格帯では中古で売られていたものが450万円で、 新品では962万円という金額です、

 

中古でも300万円程度で売れる可能性があるので、もしお持ちの場合はすぐに売ってしまいましょう。

 

100馬力以上の目安

100馬力では新品が1158万円で、中古では240万円で販売されていました。

 

もしも中古でこの馬力帯のクボタのトラクターがあるのなら状態さえ酔えれば中古でも300万円程度の金額が付くかもしれません。

 

このように馬力は強い方が基本的に高く売れるので、馬力の強いトラクターを持っている方は高値で売れるチャンスです。 

 

では次の見出しではポイントを年式に変えてクボタのトラクターの買取価格の目安をご覧ください。

 

年式で比較するクボタのトラクターの買取価格の目安

年式も古いものほど価格が下がる傾向にあり、最近のものほど高い値段になるのでそれぞれ見ていきましょう。

 

昔の年式の価格相場

クボタGB20は96年~99年頃に発売されたモデルで、66万円で販売されています。

 

また90~93年に販売されたGL21も52万円で販売されていますが、クボタの古い年式のものはまだ稼働するものも多く、比較的高い金額で売られているのが特徴です。

 

クボタであれば古くても高価で売れる可能性もあるので、諦めずに色々な業者へ査定を出してみることをおすすめします。

 

最近の年式

 

KL34Rは2010年ごろに販売されており、中古価格の相場よりもかなり高めの金額で売られています。

 

またFT240は2016年ごろに販売された新しめのものですが、24馬力でも210万円と高めの金額です。

 

このように中古でも1馬力8万円程度と比較的高めの金額になっているので、新しい年式のものをお持ちなら早めに売ってしまいましょう。

 

ここではそれぞれ年式の古いものと新しいものを見ていただきましたが、クボタのトラクターでは年式が古くても海外での需要も高いので高額で売れることもあります。

 

もちろん年式が新しい方が高く売れますが、一概に古いからといって安いわけではないので諦めるのはまだ早いです。

  

 

では次の見出しでは使用期間でクボタのトラクターの価格も解説しているのでご覧ください。

  

使用期間で比較するクボタのトラクターの買取価格の目安

トラクターをどのくらい使用したのかもトラクターの価格を左右するものとなります。

 

また平均寿命は10年~20年くらいと言われており、メンテナンスをしっかりとしても3000時間で寿命が尽きると言われています。

 

そこでここでは1年あたり150時間程度と見積もってそれぞれ価格に違いがあるのかを見ていきましょう。

 

3年以下

3年以下では450時間以下ですが、例として以下のような中古トラクターが239万円で販売されています。

 

こちらは240時間ということでほぼ使われていないものとなると価格も高めです。

 

おおむね稼働時間が300時間程度であれば高価で買取されると言われているので、売却する際にトラクターが300時間前後であれば高価買取のチャンスとなります。

 

5年以下

5年以下のものでは750時間以下ですが、中古では154万円で販売されています。 

使用期間が5年以下でも価格は落ちにくいので、買取価格は高めで売却できるでしょう。

 

10年以下

次に10年以下ですが、1000時間以上となると価格が下がっていく傾向にあります。

  

こちらの商品は1161時間使われたものですが、金額が66万円と大幅に下がっていることが分かるでしょう。

 

また年式も古くなっていけば尚更金額が落ちていくので、早めに売りにだすことがポイントです。 

20年以上

国内では20年以上使われたものはほぼ売っておらず、この使用期間になると海外へ売られてしまうことがほとんどです。

 

もしも20年以上使っているトラクターを売りたいのであれば、国内よりも海外へ強いパイプを持っている業者へ売りにだすことをおすすめします。

  

このように中古トラクターでは稼働時間が短いものほど高く売れますが、寿命が近いものでも海外でも再利用する動きもあるので売れないわけではありません。

 

だからこそ中古トラクターがあるのであればしっかりと販売ルートのある業者へと売る事をおすすめします。

 

では次の見出しではトラクターを売りに出すときの注意点も解説していくので、見ていきましょう。

 

トラクターを売りに出すときの注意点

トラクターを売りに出すときの注意点は以下の3つです。

 

  • なるべく多くの業者へ査定依頼を出す。
  • 動作確認をして状態をチェックする。
  • 付属品があれば同時に売る。

 

まず買取依頼をするときはなるべく多くの業者へ依頼し、高い価格かつ信頼できる業者を選ぶことがポイントになります。

 

また動作確認をし、エンジンチェックや傷や錆などの確認をした上でしっかりと洗浄しておきましょう。

 

そしてもしもアタッチメントや付属品があるのであれば同時に売る事をおすすめします。

 

これらは最低限しておくべきことなので、売る前にはこれらの点を気をつけておきましょう。

  

トラクターの買取価格まとめ

今回はクボタのトラクターにポイントをあてて買取価格をまとめてきました。

 

ここで紹介したものはあくまでも一例ですが、馬力、年式、使用時間は価格の目安になるのでしっかりと売る前に確認しておきましょう。

 

またクボタは中古でも高めで売れるので、クボタのトラクターをお持ちの際は劣化する前に早めに売りにだしてしまう事をおすすめします。

 

あなたもこの記事を参考にぜひトラクターを高く買取してみてください。