コンバインについて

農機具(コンバイン・田植え機)をネットオークションに出品する方法と注意点まとめ

こんにちは、テノです。

今回はコンバインや田植え機などの農機具を、ネットオークションに出品する方法と気を付けないといけない注意点をまとめていきます。

農機具の処分を考えていて、ネットオークションに出品することを考えているものの、詳しいやり方などがわからず困ってはいないでしょうか?

そこで、農機具をネットオークションに出品する方法と注意点以外にも、ほかの売却方法も解説していますので、出品の参考にご覧ください。

農機具をオークションで売却する3つのメリット

まずは農機具をオークションで売却する以下の3つのメリットを解説していきます。

  • 売却金額が増える可能性がある
  • 手軽に出品できる
  • 処分費用がかからない

ここでは、この3つのメリットを詳しく解説していきますのでご覧ください。

1.売却金額が増える可能性がある

メリット一つめは売却金額が増える可能性があることです。

通常の農機具店などへの売却であれば、価格が増えることはなく自分で金額を決めることはできません。

しかし、オークションの場合は自分で欲しい金額を設定することができ、オークション形式なので自分の期待以上の金額になる可能性があります。

自分が思った以上の金額を得られるのはオークション独自のメリットです。

2.手軽に出品できる

オークションは手軽に出品できることも大きなメリットです。

出品自体の操作も難しいものではなく、パソコンやスマホを触ることができれば手軽に出品することができます。

農機具店などであれば、査定に来てもらって日程を合わせて待たないといけませんが、オークションであれば自分が売りたいと思ったタイミングで売却することができます。

出品してしまえばあとは売れるのを待つだけなので、手軽さはオークションの大きなメリットでしょう。

3.処分費用がかからない

オークションのメリット3つめは処分費用がかからないことです。

コンバインや田植え機などの農機具は、廃棄処分の際に粗大ごみに出せないので、どうしても処分費用がかかってしまいます。

しかし、オークションに出すことで処分費用がかからないだけではなく、お金を得る事ができます。

処分費用がかからないので、気軽に売りに出せるでしょう。

では、次の見出しで具体的に農機具をネットオークションで出品する3SETPを解説していきますので、やり方が分からない方はぜひご覧ください。

農機具をネットオークションで出品する3STEP

ネットオークションで出品する方法は3STEPで済むので、ここで詳しく解説していきます。

簡単に出品できるので、これを出品に役立ててください。

【STEP1】登録

ネットオークションサイトに登録していない場合は、登録から始めましょう。

オークションサイトはヤフーオークション(ヤフオク)がおすすめで、ヤフオクではコンバインを始めとする色々な農機具が出品されています。

登録するにはまずはYahoo!IDを作る必要があるので、まずは登録から済ませましょう。

【STEP2】情報入力

登録が終わったら、ヤフオクの右上に出品という項目があるのでそこから出品画面へ移ります。

そうすると商品のタイトルや詳細な情報が入力できる画面になるので、そこへまずは写真が必要になるので農機具の写真を撮って載せましょう。

次に、

  • 商品名
  • カテゴリ
  • 状態
  • 説明
  • 地域・配送情報
  • オークション開催期間

が入力できれば、一番下にある確認するというボタンを押せば準備完了です。

【STEP3】出品

確認が終わればいよいよ出品し、あとは落札されるのを待つだけになります。

落札されれば、あらかじめ決めた発送方法で発送すればオークション完了です。

このように簡単な3ステップで出品ができるので、ぜひ農機具を売る際に参考にしていただければと思います。

では、次の見出しでは農機具をネットオークションで高く売る方法について解説をしていきますのでご覧ください。

農機具をネットオークションで高く売る方法

農機具をネットオークションで高く売るには、以下のような方法があります。

  • 商品情報をしっかりと入力する
  • 付属品があるなら一緒に売ってしまう
  • 画像を綺麗に撮影する
  • 農機具を綺麗に掃除する

出品する際にはなるべく商品の状態を詳しく入力し、その上で付属品などがあるならついでに売ってしまう方が金額も高くなるのでおすすめです。

また画像などをしっかりと撮影することも大切で、見栄えがよくなるように綺麗に洗浄した上で出品するといいでしょう。

これらの事をやっておけば、高く売れる可能性もあるので意識して出品してみることをおすすめします。

では次の見出しではオークションで販売する際の注意点3つを解説していますので、ご覧ください。

ネットオークションで販売する際の注意点3つ

ネットオークションで販売する際の注意点は以下の3つです。

  • トラブルになる可能性がある
  • 取引連絡を取る
  • すぐに売れるわけではない

ここではこの3つについて解説をしていきますので、ご覧ください。

1.トラブルになる可能性がある

注意点の一つめはトラブルになる可能性があることです。

農機具の場合は、動作確認の不備や傷などの状態、メンテナンスをしているかなどをしっかりと明記しておかなければトラブルになる可能性があります。

購入してから動かずに返品だったり悪い評価を付けられたりするので気をつけましょう。

また、大型なものなのであらかじめ配送方法をしっかりと記載しておかなければ、配送関係でどうするかを揉める可能性もあります。

トラブルを防ぐためにもしっかりと書けるところは書いた上で、分からない部分は正直に書いておきましょう。

2.取引連絡を取る

オークションの2つめの注意点は取引連絡を取ることです。

オークションになれた方なら問題ありませんが、初心者の場合は落札されても気づかずに落札者と取引連絡を取らずに放置している場合もあります。

せっかく売れたとしても、連絡がなければ落札自体がなくなってしまう可能性もあるので必ず連絡を取るようにしましょう。

3.すぐに売れるわけではない

ネットオークションはすぐに売れるわけではないことも注意が必要です。

買取業者のようにすぐに売れるわけではなく、時間が経っても売れないことも多々あるのがネットオークションのデメリットだといえます。

あまりにも売れない場合は価格を下げていくしかありませんが、それでも売れないことがあるのがネットオークションです。

ではネットオークション以外で農機具を売却する方法と、その特徴を次の見出しで解説していますので、そちらもご覧ください、

農機具をネットオークション以外で売却する方法3選とその特徴

農機具をネットオークション以外で売却する方法3つは以下の通りになります。

  • 買取専門業者に依頼
  • 下取りに出す
  • フリマアプリ

ここでは特徴に関しても解説をしていきますので、参考にしてみてください。

1.買取専門業者に依頼

すぐに売却したい場合には買取専門業者に依頼する方法があります。

農機具専門の買取業者であれば、数日で査定に来てくれることも多いので、すぐに売りたい方にはおすすめです。

また、買取専門業者であれば、その業者ごとに独自の販路があるので、故障したものやパーツのみ、古い農機具でも買取してくれるところもあります。

即金性も高いですし、すぐに売却したい場合は買取専門業者へ依頼しましょう。

2.下取りに出す

新しい農機具が欲しい場合には下取りに出すというのもおすすめです。

買い替えを検討している場合には下取りに出す方法があり、新品の農機具から価格を差し引いてくれます。

ただし、買取のときよりも金額が下がることも多いので、売却してしまう前に色々な業者で比較をしましょう

3.フリマアプリ

ネットオークションではなくフリマアプリもおすすめです。

メルカリなどのフリマアプリを使えばヤフオクのように出品することができ、農機具も出品可能なので、使い易いのではないでしょうか。

ただし、自分で金額を決められても手数料が高いので、売却する際には手数料も考えた上で売却しましょう

まとめ

今回は農機具(コンバインや田植え機)をネットオークションに出品する方法を詳しく解説してきました。

ネットオークションは誰でもできる簡単なものですし、農機具を販売する際には活用することもおすすめです。